今年もよろしくお願いします・・

遅ればせながら・・あけましておめでとうございます

仕事が忙しく、体調もいまいちでネットが少し遠くなっているにもかかわらず、
訪問いただく皆さんに感謝していますm(_ _)mありがとうございます。

昨年は北アでバッタリお2人にニアミス。
今年はどんな出会いが待っているのか^^わくわくしています^^

こちらでの出会いは本当に幸せですヽ(^o^)丿
今年も細々とですがブログを続けられたらと思います。。

今年も皆様の山行が楽しく素晴らしい山行となりますように
今年もよろしくお願いいたします。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

oka-chan
2009年01月06日 21:12
新年、明けましておめでとうございます。

摩耶山さん歩さんのBBSへの書き込みを拝見しました。
足の怪我はすっかりよくなって、今では見た目、普通に歩いています。
医者からはスポーツ以外は、何をしてもよいとのことです。
ただ、まだ足に違和感はあります。

二上山へあのルートから登られたのですね。
そして、その付近の枝道を探索されたそうで。
枝道があることは知っていましたが、ほとんど歩いておりません。
そのうち歩こうと思って、そのままになっていました。
ものすごい数の枝道があるのですか、面白そうですね―笑。

実のところ、ブログの更新を、ずっとされていなかったので、どうされたのかと思っていました。
今年もよろしくお願い致します <(_ _)>
2009年01月07日 00:27
あけましておめでとうございます。
更新が無いので心配しておりました。
仕事が忙しい時、体調が思わしくない時ってありますよね~
無理せず自分なりに綴っていってくださいね!
時々こっそりと覗きにまいりますから。。。(^-^)v
今年もよろしくお願いしまーす。
2009年01月08日 01:28
oka-chanさん^^

ご無沙汰しており失礼いたしました。
今年もよろしくお願いいたします。

足、よくなられたとのこと。よかったです^^
まだまだ寒いので無理なさらないでお大事にしてください^^

二上山、探索にかなりはまってしまいました^^;自然林の中に枝道があることが楽しいですね^^あの道の南側にはなかなか見晴らしのよい岩場もあったり・・
東屋から下る道はまだ行けていませんしまだまだ宿題がたんまり残っています^^
あの道はよい道、と教えていただいたおかげと感謝の限りです。
2009年01月08日 01:32
mikkoさん

あけましておめでとうございます^^
ご無沙汰しており失礼しました。訪問ありがとうございますm(__)m

自分の撮った写真も見れない日々が続いていました・・・
冬は近場の山がほとんどになると思いますが、少しづつアップできればと思います^^
今年もよろしくお願いいたします。
深山
2009年01月09日 01:15
明けましておめでとうございます。

お互い今年も自分のペースでゆったりのんびりブログを更新していきましょうね。

ふくしさんとどこかの山でバッタリしたいものですが、バッタリ率はかなり低いでしょうね・・・。

大山、氷ノ山、伊吹山、六甲全山縦走と登る予定はあり
ますが、ふくしさんはもう全部登ってますし~。

今年もよろしくお願いします。
oka-chan
2009年01月11日 21:55
今晩は。今日、ワイフと二上山に登ってきました。
下山は雌岳の東屋から下って、祐泉寺の裏庭に出ました。
途中、展望のよい岩峰を30m程度歩きました。
このルート、傾斜がとても急で、スリリングです。

祐泉寺では人の気配がありませんでしたが、境内に無断で入ってしまったのは、まずかったと反省しています。
ところで、“あの道の南側にあるなかなか見晴らしのよい岩場”ですが、下記で紹介されている“覗き岩”のことでしょうか。
二上山の"知る人ぞ知る"サブルートで、予想外の巨岩から大和盆地を望む
http://blog.goo.ne.jp/dash111779/e/39b8f1fbef0436903b94bd7d45f5fa4b
2009年01月13日 01:08
oka-chanさん

こんばんわ^^
二上山に登られていたんですね^^急坂と言われている東屋の下りを下られたということは・・・足のほうもかなり復調されたみたいで^^おめでとうございます。
東屋からの道は、途中展望のよい尾根があるとのこと。私もやはり一度歩いていたい尾根です。毎度、その道を歩きに行こうと出かけるのですが・・雌岳に到着する前にほかのルート探索に浮気してしまってタイムアウトになっています^^;

見晴らしのよい岩場、おっしゃるとおりの岩場です。同じルートをたどって岩場に出たかどうかはわかりませんが(たぶん同じですが・・)、掲載された写真を見る限り岩場は同じようです。展望は非常によかったです^^
oka-chan
2009年01月13日 20:35
今晩は。足のことでお気遣い頂き、ありがとうございます。

東屋からの道ですが、展望のよい尾根がある場所は、かなり祐泉寺に近いところでした。
この尾根から、5分程下ると、祐泉寺の屋根がすぐ下に見えました。

「祐泉寺の裏庭に出た」と書きましたが、実際には裏山で、傾斜の急な斜面です。
ここから祐泉寺の境内に降りずに、登山道(祐泉寺→馬の背)へ降りられそうでしたが、祐泉寺へ降りた方が、安全に思えたので、そうしました。
尚、東屋から降りてきて、展望のよい尾根に出るずっと手前に、上記の登山道へ降りられるルートもあります。(前回はこの踏み跡を歩き下山しました)

下記の画像は展望のよい尾根から、下山してきた雌岳を振り返って撮影したものです。
http://www.eonet.ne.jp/~oka-chan/090111futakami1/DSCN2997.JPG

見晴らしのよい岩場、また今度、訪れてみたいです。
ありがとうございました。
2009年01月18日 15:55
深山さん
お返事遅くなりましたm(_"_)m

そうですね・・バッタリしたいものです^^
またまた大山に来られるんですか^^
というか・・
六甲全縦、来られるんですか!!深山さんなら楽勝と想いますけど^^;遠方から来られる方も多いみたいです。
秋の大会ですかね?来られる際にはぜひ一言を^^

今年もゆったり、よろしくお願いします。
2009年01月18日 16:01
oka-chanさん
お返事遅くなりましたm(_"_)mさっそく岩場、行かれたみたいですね。

東屋からの道情報ありがとうございます。見晴らしのよい場所は、以前に教えていただいた二上Pへの道の途中から?(その近くだったかも?)から見えていた気がします。
先日馬の背から祐泉寺へ下った際に、東屋からの下り道からメインルート(馬の背から祐泉寺)へ降りられるルートを3箇所ほど見つけたのですが見晴らしのよい岩場はぜひ通過するようにしたいと思います。ありがとうございます。